【剣盾S30】月詠みザシオーガ【最終2012-49位】

初めまして、ずまりと申します。S30お疲れ様でした。この度自身初のレート2000と最終2桁を達成できたので記事を書かせて頂きます。

 

サムネ用



 

レンタルチーム

f:id:zumari_poke:20220609160826j:image

しばらくの間レンタルは公開しておきます

※6/9追記 前のを消してレンタルを発行し直しました。

 

結果

TN if 最高最終レート2012 49位

(最終日前日まではTN Noctiluca)

 

コンセプト

・ザシアン+カイオーガ、ザシアン+黒バドの並びに対し高い勝率を保つ

・ホウオウ入り等のザシアンを通しづらいサイクルはランドロスカイオーガで崩す

 

 

構築経緯

多種多様な禁止伝説の組み合わせに対し5分以上の勝負ができ、スペックが最も高い組合せだと感じたザシオーガを使いたかったので、ザシアンカイオーガを採用するところから構築をスタートさせた。

型は様々なものを試していたが、S29最終7位のてこてこさんの記事を参考にザシアンを最速HSカイオーガ命の珠CSにしたところ非常に使用感が良かったのでこれにした。

↓てこてこさんの構築記事(本人様より掲載許可を頂きました)

tekotekowawawa.hatenablog.com

次にザシアンをコピーしたメタモンに対しての引き先になれ、ザシアンやホウオウ等の物理アタッカーに強めで詰め筋となれるアッキのみサンダーを採用。

コンセプトの欄にも書いたが、ザシオーガを使う上で

1,ザシアン+カイオーガ

2,ザシアン+黒バドレックス

の2つの構築に対し高い勝率を出すことが重要と感じ、それぞれカイオーガと黒バドレックスに後出ししてから有利展開に持ち込める駒としてHBD欠伸トリトドン、HDトリックルームポリゴン2を採用した。

最後に、命の珠カイオーガは水技が潮吹きなせいでダイマックス無しでHPが削れていると受け崩しが難しくなるため、ダイマックスをせずとも受けを崩せ、ザシオーガの苦手なゼクロムディアルガに強く対面ザシアンに殴り勝てる崩し駒兼対面駒として拘り鉢巻ランドロスを採用し構築を一旦完成として最終日前日まで潜っていた。

しかし、トリトドンカイオーガ受けとして安定はするが相手もそれは見え透いているため、こちらのトリトドンバックに合わせて釣り交換されることが非常に多く、こちらが一方的に不利な展開を押し付けられがちだった。そこで相手からは分かりづらいカイオーガ受けを採用すればこのような問題を解決できるのでは?と感じてHD貯水ヌオートリトドンの代わりに採用し、最終日の対戦に臨んだ。

 

 

個体解説

ザシアン@朽ちた剣

特性:不撓の剣

性格:陽気

実数値:191(188)-192(12)-142(52)-×-136-220(252↑)

巨獣斬/じゃれつく/炎の牙/剣の舞

A特化ザシアンの巨獣斬+電光石火耐えかつ最速

 

上記の記事の調整をお借りしました。

ザシアン軸ミラーに強く出るために最速HSベース。

火力は全然なく(+3じゃれつくでHBサンダ―を倒せないなど)それをストレスに感じることもあったが、こちらのザシアンで相手のザシアンの上を取れる前提で選出を考えられる点が非常に強力なため最速で使い続けた。

構築単位できついナットレイヌケニン意識でサブウェポンには炎の牙を採用。ヨプナットレイを後投げしてくる人が多かったのでよく刺さった。

最終日はホウオウ、メタモン入り等のザシアンが通っていない構築が多く選出率はそれほど高くなかったが、ザシアン軸ミラーには積極的に投げたし活躍もしてくれた。

 

 

カイオーガ@命の珠

特性:雨降らし

性格:控えめ

実数値:175-×-110-222(252↑)-161(4)-142(252)

潮吹き/冷凍ビーム/破壊光線/瞑想

CS振り切り

 

上記の記事の調整と技構成そのまま。

2体目の禁伝枠。

火力が凄まじく、威力150潮吹き(ダイストリーム)でHDナットレイを確定2発、D振りだけのラッキーを確定2発と対策枠すらも貫通できるほど。最終日はこの2体のどちらかが入っている構築が多く、カモにしていた。

ザシイベル、ザシバド、ダイナホウオウのような構築には特に刺さりが良く、ダイマして殴っているだけで勝つこともしばしば。

水技が潮吹きなため体力が削られていると打点が著しく下がってしまう点、少し削れるだけでザシアンの巨獣圏内に入ってしまう点に目を瞑れば最強だった。

 

 

サンダー@アッキの実

特性:静電気

性格:図太い

実数値:191(204)-×-149(244↑)-145-110-128(60)

H-16n-1

B-余り

S-準速ウオノラゴン抜き

potato0000.hatenablog.com

調整はこちらの記事そのままです(掲載許可は頂きました)。

放電/暴風/羽休め/怪電波

 

ザシアンをコピーしたメタモン対策、ザシアンやホウオウへのクッション、詰ませ、ダイマエース。

後発ダイマが非常に強力で、特に対ザシオーガではヌオーとザシアンで相手を荒らした後のダイマで勝利することが多かった。

また後述するヌオーのおかげか命の珠のアタッカーを想定された動きをされる事が多く、アッキ+ダイマによる詰ませがやりやすかった印象。

怪電波は元々電磁波だったが、とてつもなく重いルギアに当たる度に負けていたため、最低限の対抗策として変更した。しかし変更後一度もルギアには当たらなかったしディアルガに打った試合全て冷凍ビームで凍らされたので、重いナットレイに強く出られる熱風や身代わりの方が良かったと思う。

 

 

ヌオー@食べ残し

画像

特性:貯水

性格:慎重

実数値:201(244)-105-107(12)-×-128(252↑)-55

H-3n 

B-D振った後の余り

D-振り切り

地震/毒毒/欠伸/自己再生

 

トリドドンの代わりに採用したカイオーガ対策。このポケモンは言わずもがな特性天然のザシアン受けとして採用されることが殆どで、本構築ではザシアンと同居しているためあたかもメタモン対策のように見せられる。このおかげか一度も貯水をケアされることはなく、水技に繰り出してからの欠伸でこちらのペースに持って行くことができた。

このようなメリットがある代わりに数値はかなり低く、HDにほぼ特化させてもカイオーガのC特化威力130ダイアイスをぎりぎり2耐えする程度しかないため、扱いには十分気を付けた。

 

 

ポリゴン2@進化の輝石

特性:アナライズ

性格:生意気

実数値:191(244)-101(4)-112(12)-125(4)-161(244↑)-72(↓)

*黒バドレックスにダイアークを打つ展開を考えA31&Sに下降補正

黒バドレックス、珠サンダーが最大の役割対象なためほぼHD特化

(臆病黒バドの130ダイサイコ+フィールドダイサイコ確定耐え、C+2ダイサイコ確定耐え

控えめ珠サンダーのダイジェットを92.2%で2耐え)

冷凍ビーム/イカサマ/トリックルーム/自己再生

 

前述の通りHDにほぼ振り切ることでこの2体に対しかなり安定感が増す。

トリックルームは特に襷悪巧み黒バドに有効で、

1,ポリ2を後投げしたタイミングで悪巧みを打たれる

2,ダイサイコorサイコショックを確定で耐えつつトリックルームを張る

3,イカサマで襷を削りつつ相手の攻撃で倒されて退場し、残りのトリルターンでカイオーガランドロスを暴れさせられる

と相手は悪巧みで崩しにかかっているにも関わらず逆にこちらのペースへと持っていける。

このポケモンによく採用されている電磁波だと黒バドの足を奪うことと襷を削ることを両立するには痺れさせる以外にないが、トリックルームであれば上記のように黒バドの足を奪いつつ襷を削れる点が本当に偉い。

バドザシと同居しがちな珠サンダーにも強いため、バドザシにはこのポケモンのおかげで高い勝率を保てた。

特化ゼルネアスのC+2ダイフェアリーも耐えるため、ザシアンが削れてゼルネの技圏内だとしてもトリックルームから切り返すことが可能なため、黒バドレックス+ゼルネアスのような構築にもほぼ負けなかった。

 

ランドロス@拘り鉢巻

特性:威嚇

性格:陽気

実数値:165(4)-197(252)-110-×-100-157(252↑)

ディアルガゼクロム等の90族禁伝の上から動くために最速

地震/ストーンエッジ/自爆/蜻蛉帰り

 

ダイマでの崩し枠。

鉢巻悪ウ―ラオスも考えたが、このポケモンは氷の牙を持っていないザシアンを対面から処理できるなど、崩し枠でありながら汎用性が非常に高い点が強力なためこちら。

自爆はこの構築で非常に重いすいすいガマゲロゲの初手ダイマを自爆+巨獣で処理したり、ヌオーやトリトドンの欠伸に後出して自爆して欠伸ループを切りつつこちらの裏の圏内に入れるために採用。ヌオーの欠伸に後出しして自爆することで勝つことが1900帯で2度あったため自爆にして良かったと思う。

 

重いポケモン

・マンム― 

対面から勝てるポケモンカイオーガとポリ2だけなため非常に苦しい。

トリトドンガマゲロゲ等の貯水ポケモン

カイオーガを主軸としているため当然きつい。交換読みダイアタック2発で倒せたりしなくはないがダイマックスターンを2ターン使うことになるので苦しい。

・ジガルデ、ルギア、コスモパワームゲンダイナ

カバルドンを入れずにこれらのポケモンに安定して勝つ方法がわかりません。

 

選出パターン

よく当たった構築への選出パターンを書きます。

・対ザシオーガ ザシアン+サンダ―+ヌオー

ヌオーで相手のカイオーガダイマックスをいなしてから剣舞ザシアン、サンダーの後発ダイマックスで締める。

 

・対ザシバド カイオーガ+ポリゴン2+ランドロス

この選出が最も多かった。カイオーガの先行ダイマで荒らしつつ黒バドに対してポリ2を投げてトリルすることで最終的に鉢巻ランドロスの一貫を作って裏のザシアンまで縛る。

 

・対イベザシ カイオーガ+ザシアン+サンダーorランドロス

カイオーガダイマして荒らしてから裏のポケモンで詰める。

 

・対ホウオウダイナ カイオーガ+ランドロス+ザシアンorサンダー

カイオーガランドロスで相手のサイクルを破壊してサンダーで詰める。ムゲンダイナが眼鏡を持っていそうな場合はザシアンを出して技の一貫を切っていた。

 

・対ホウオウ黒バド カイオーガ+ランドロス+サンダー

カイオーガとサンダーでナットレイに役割集中を仕掛け、サンダーの後発ダイマを通す。

 

Special Thanks

・色ヌオーを貸してくれたてとらさん

・記事の掲載許可を下さったてこてこさん

・ポ通してくださって記事の掲載許可も下さったPOTATOさん

Twitterでおめリプやいいねを下さった皆さん

 

 

最後に

ランクマッチを始めたころからの目標であったレート2000を達成できとても嬉しいです。最終日は1849からのスタートでしたが、1900に乗ってからは有利構築であるバドザシ、ザシオーガ、ホウオウ入りを引きまくったおかげで無敗で2012まで上げられました。

これまでレート2000に乗りたい一心でやり続けてきてかなり疲れてしまったので、今後は軽くやる程度にしようと思っています(と書いたものの結局やってそうです)。

ここまでの閲覧ありがとうございました。質問等あれば@az_rill_184 までよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

おまけ TN・構築名の由来

www.youtube.com

www.youtube